メンズファッションの最強アイテムは白シャツ

まずは 白シャツから揃えよう

女性ウケの良いメンズファッションの定番は、白シャツです。

白シャツはカジュアルにもフォーマルにも着こなすことができます。白色は心理学的に清潔感を与える色なので、清潔感のある男性を好む女性は白シャツに好意的です。

黒色は太陽の光を吸収するため、フェイスラインを引き締めてくれます。白は太陽の光を反射することで顔周りを明るくし、朗らかなイメージを持たせます。

 

オススメの素材は?

コットンやポリエステル、リネンなど様々な素材の白シャツがありますが、基本的なのはコットンです。汗をかきやすい夏場はリネンを選ぶことで、爽やかな雰囲気を出せます。

ポリエステルは安くで販売できますが、上質な白シャツを求める場合はコットンやリネンなどの天然素材を優先します。シルクのように光沢のある素材は、ジャケットとの組み合わせに使えます。

 

こだわりたいのは 形

白シャツを着る時はシルエットに注目します。1枚あれば上半身は完成しますが、シルエットが美しくないとおしゃれに手を抜いているように見えます。肩周りや肩幅、腰周りのサイズ感が合っているものが良いです。

着丈が良くても手首の部分がダボダボのことも多いので、試着してから購入するのが良いです。あえて大きなサイズを選ぶことも表現の一つですが、着こなすのが難しいです。

私服なので着丈は短いものを選ぶのが一般的です。ドレスシャツはスーツを一緒に着ることが多いですが、シャツの裾をパンツに入れるので多少動いても裾が出ないように長めに作られています。

プライベートで着るシャツはパンツに入れないで着こなすことが多いので、短いものを選ぶことで全体のバランスを取ることができます。

おしゃれ初心者でもカッコ良く着こなしたい場合、ボタンダウンの白シャツがおすすめです。ボタンダウンは元々乗馬で襟がめくれないようにボタンが付いたもので、カジュアルながらもハイクラスな雰囲気をまとっています。

白シャツ1枚で上半身のコーディネートを完成させたい場合は、小ぶりな襟が良いとされます。襟が小さいと主張しすぎない一方で爽やかさや優しさの存在感が残ります。

台襟がなく身ごろに襟が付いているフラットカラーは、よりカジュアルになります。

 

白シャツを 清潔に保つコツ

せっかく見つけたこだわりの白シャツも、黄ばんでしまうとおしゃれが台無しです。黄ばみの原因は汗や皮脂で、普段使いする以上は避けられません。

重曹と酸素系漂白剤を混ぜたものを黄ばんでいる部分の塗って、歯ブラシなどで擦りぬるま湯で洗い流すと綺麗になります。

 

いかがでしたか?

夏の暑い季節でも、リネンやコットンの長袖の白シャツがお勧めです。袖を軽く捲くって着ると、清潔感と大人の余裕が漂います。

簡単でおしゃれな着こなしを、普段から取り入れて見てはいかがですか。